CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ワインの木箱
同じ保育園の酒屋さんの従兄弟さんがワイン屋さんをされてるので(早口言葉!?)
ワインの空き箱があったら下さい!とお願いをしてもらってました。

揃ったよ〜と連絡いただいたので 油山のお店にお兄ちゃんと取りに行きました。

画像0339.jpg

それぞれのシャトーでそれぞれ違っていて 面白いですね。
絵も書体も味があり雰囲気があります。
並べてるだけで なんだか いい感じです。
車から運んでるだけで 勘違いしそうになりましたもん(どんな!?)

そして 前に美味しいよ!とかわいらしい奥様が絶賛していた
マンゴーの梅酒を購入。

画像0142.jpg

今 冷やし中で飲んでないですが ジューシー感たっぷり。
飲むのが楽しみ。
(このデザイン マザーズブレンドのシールにどことなく似てます)

他にもアールグレイの梅酒やカシスの梅酒など
女性の方が開発されたとか。

この他 こだわりのお酒(特に日本酒)を置いてる
新栄酒店さん。
(日本酒のラベルもかっこいいのがたくさんありました!)

ところで 木箱は何に使うかって?

何に使おうかなぁ〜

そうそう 新栄さんから戻ってきたら 何やらドアにビニール袋が。
画像0171.jpg
無印のお菓子とスタバのエスプレッソ。
(ありがとう)



| 2008.10.1 お店オープンにむけて物語 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
LOVE&PEACE
焙煎屋さんに行こうとしてお店のドアを出ると、向こうから
コチラを見ている人が。

白いマウンテンバイクにサングラス。斜めがけのバック。
友達パパにそっくり。
でも、この時間は仕事だし もしそうだったら来るだろうし・・・

めがねをかけてなく よく見えなかったけど
「おにさーん!」と声かけてみるも反応無し。
あまりジロジロ見るのも悪いな と思い、出発することに。

しかし、ザザザーと急に雨が降ってきたので 雨宿り。
雨が止んで出ようとすると 先程の方が。

「春風荘ってどこですか?」
「ここですよ」
「コーヒー屋さんが出来たと聞いたので」
と お客様なのでした!

春風荘って看板出てないし、105号なのに4つしか部屋ないし
MANLY COFFEEどころかコーヒーのコの字も表記していないので
ご迷惑をかけてしまいました。

という訳で外観です。
画像0165.jpg
借りる前に撮ったもので まだ募集のやつがついてますね。
一番奥、右側の部屋です。

目印は
画像0142.jpg
ドアの横にともみちゃんに譲りうけたポトス。
(ここに来て成長してます!)
そして 横っちょに ひらひら 蝶々がいます。

チケットは売ってませんが
画像0171.jpg
サンセットライブのちらし 貼りました。
(いやいや先にマンリーコーヒーのちらしやろ・・・)
だって 好きなんですもん。

これで 迷わせないですかね!?

それにしても友達や知り合い以外で
全く知らないお客様というのは 初めてで
びっくり、うれしい事でした。

まぁまぁ どうぞどうぞ、と上がってもらい。
(床があんまりキモチが良いので 靴を脱いで上がるシステムに決めました。)
いろいろコーヒーの話をしました。

つい最近オーストラリアから帰ってきたばかりで
将来ロースターカフェをしたい という方でした。

マンリーももちろんご存知でした。

オーストラリアもあまり有名じゃないかもしれませんが
コーヒー、エスプレッソ文化が栄えています。
私が行ったのは12、3年前(もうそんなに!)になりますが
いたるところにカフェがあり、コーヒーじゃなく
ほどんどの方がカプチーノを楽しんでます。
お洒落して ちょっと緊張しながら、というんじゃなく
普段着で気軽に一日何度でも、日常に生活に溶け込んでるのです。
その頃日本ではカフェブーム。
ちょっとおすましな感じでしたが、
このオーストラリアのカフェカルチャーにクラっと参りました。
私もこんなカフェがしたいと思いました。
(こんなカフェを2年後のコーヒーの日に・・・しつこいですかね)

で、今どんな感じ?
と聞くとさらにレベルが上がってるよう。
それもそのはず、2003年度のワールドバリスタチャンピオンシップ(WBC)で
世界最年少、オーストラリア人としては初の世界チャンピオンポール・バセットさんが
出た国でもありますから。

話は戻り、せっかく来ていただいのに焼いた豆は全然なく
興味を持っていただいていたドーナツドリッパーを
お買い上げいただきました。
えっと、値段いくらやったっけ・・・
と私は値段が分からず あちこち ここでもないあそこでもない
と探していたら 携帯でサクっと調べてくれて 判明。

本当に失礼しました!
そして、坂を上ってきていただきありがとうございました!

本オープンは10月1日です。
今はお店の準備がメインで注文いただいた豆を焼いています。
こんな感じでしかも引越しの後のような 雑然とした店内になりますが
お店が始まる時の ドクドクな雰囲気は肌で感じていただけると思います(笑)
興味のある方は是非お立ち寄り下さい。

といってもせっかく来ていただいたのに入れ違いになっても
申し訳ない。

しかし、約束も出来ないので・・・
こんなのでよかったらよろしくお願いします!
9月半ばになれば 体制が整うと思いますので。

表題のLOVE&PEACEは 焙煎してたら なんだか
今まで出会って来た人達が愛おしくなり感謝のきもちでいっぱいになり
これから出会う人達に出会える楽しみと感謝のきもちが 広がってきたので。

一期一会。

日々是好日。











| 2008.10.1 お店オープンにむけて物語 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コーヒーの匂いに誘われて・・・
今日から本格焙煎スタート!
いただいてた注文を一気に焼き上げていきます。
フル回転!



焙煎時のコーヒーの香ばしく、甘い匂いに誘われ 同じアパートにいる 不動産のおばさまが 2回も来られました。

1回目は「良い匂いやね〜」と娘さんとお孫さんを連れて。

2回目はまた「良い匂いやけん つい また来たよ〜」と今度はお一人で。

「こりゃ 宣伝せんとねぇ! ちらしをたくさんまいて。
編み物のお教室でも宣伝してきたからね!」と応援してくださいます。

ありがたい。

コーヒーの匂いにつれられて お客さんがやって来る。

いいなぁ。

| 2008.10.1 お店オープンにむけて物語 | 23:31 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ザ・インフォメーション@春風荘105号
春風荘   

はるかぜそう ではなく シュンプウソウと読みます。
この名前を聞いて ここにしてよかった!と心から思いました。

今朝は設計士の堂園さんと最終確認。
「いいね〜」と二人でニヤニヤ。
良い職人さんに恵まれ そして 堂園さんのお陰で素敵なお店が完成いたしました!
ありがとうございました!!

素敵なお店の箱が出来、今から細かいところをやっていきます。
準備をすすめながらになりますが、こっそり開けますのでご案内いたします。

住所     福岡市中央区小笹2丁目12−4春風荘105号
最寄のバス停 小笹2丁目(公園横の駐車場横のアパート1階一番奥です)

キャラメランジュに行く火・水・金曜は午後より。
月・木曜は終日。
土・日はいたりいなかったり!?
時間は10〜17時。
*買出しなどで いない場合もありますので
事前にメールか電話でもいただければイケテル

本格営業は (しつこいですが) コーヒーの日 10月1日水曜日です。
業態は自家焙煎店です。ロースターです。
喫茶スペースはないですが(こちらは2010年10月1日予定!)
試飲や器具の練習?なんかしてもらえるスペースを考えています。
楽しみにしていてくださいハート


よろしくお願いします!


そして もう一つ。
coffee+のブログ 公開はじめました!
コーヒーといえば coffee+ というのを目指して
豆香洞の後藤さん、シエマの江口くん、私の3人が週替りで書いていきますので
ぜひ週に一度のお楽しみでクリックしてみて下さい。
(書いちゃいましたよ〜お二人さん!)

今日のお客様!
画像0086.jpg



| 2008.10.1 お店オープンにむけて物語 | 23:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お花やワインやチョコレート
最初の頃 HPに載せてたこと。

「焼きたてのパンを買うように 日々のお花を買うように おいしいワインやチョコレートを買うように 新鮮でおいしいコーヒーはいかがですか?」

ちょっと違うかも。。でも こんなことを書いてました。

なくてもいいけど あるとうれしいもの。 心がときめくもの。
日々の暮らしが楽しくなるもの。
そんな提案がしたかったのですね。
(もちろん今も!)






さて、お店が始まったらやってみたいこと。



其の一 ご希望の方にはご自身でコーヒー豆を量り、グラインダーを使って
    好みの挽き方を体験できるスペースを作る 

     →豆を挽く楽しさ、挽きたてのコーヒーの香りをダイレクトに感じていただける!


其の二 様々なコーヒー抽出器具やグラインダーの貸し出し

     →せっかくいろんな抽出方法があるけれど、
      いつも同じ方法で飲まれている方が多いのでは。

      試してみたいけどなかなか・・・よく分からないし・・・
      という方に低料金で数日間レンタルし、いろんなコーヒーを楽しんで頂く。
      新しいコーヒーを楽しむキッカケになれれば!
      (そして 買っていただければ 笑)


其の三 お店にnoエアコン!

    →大きなお店ではクレームになりそうな試み。 
     地球温暖化が叫ばれる中家庭の我慢だけではもう限界なんじゃないでしょうか。


     暑い日はエアコンのきいた部屋は極楽 極楽とつぶやきそうになりますが
     風通しの良い今回の場所でエアコン無しやってみようかな〜と思案中。
    (しかし、夏の焙煎中はかなりの暑さになりますけんね。様子を見ながら・・・)

     どこかがやり始め、こうした動きが世の中に受け入れられれば
     ムーブメントになりますもんね。
     エアコン無しが当たり前になり 打ち水とか すだれとか
     海外のようにファンだけ とかいいですね〜

     ガンガンに冷やしてたところも適温にしよう、
     適温にしているところは今日は涼しいけんエアコン消そうかとか。

と思っていたら すでに実践されてるところがありました!
京都のここちよい時間と空間そしてお茶 + ときどきギャラリー好日居さん

エアコンなしでうちわで過されてるそう!
偶然にも似たブログの名前。「日々是好日居」。
ステキです。
(建築家で写真家のご友人のリンクが貼られてましたが こちらもステキ!)


小さいからこそ出来る事。始めたばかりだから出来る事。
MANLY COFFEEだから出来る事。


そんな事を一つ一つやっていきたいな と思います。


今朝のマンリーコーヒー。
画像0094.jpg

| 2008.10.1 お店オープンにむけて物語 | 23:37 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ほぼ完成!
あっという間。

今日はこの道12年。
いやいやまだっすよ〜 という
超細いまゆげと耳のピアスがキラリと光る いなせな塗装屋のお兄さん。

画像0021.jpg

写真は恥ずかしいっす というお兄さんに
撮った写真を見せると これイイッスね。
と了解を得たので一枚。

キレイに仕上げていただきました。

飾り棚は 半ツヤの白を。
画像0336.jpg

トイレは黄色に。
本当はもっと薄い 柔らかな感じがよかったけれど
これもまたよし。
なんか 絵を描きたいなぁ。
画像0150.jpg

この物件は住居用の賃貸なので、現状復帰で返さないといけません。
(でも建物自体古いのでトイレの黄色はいいと言われたけど壁紙は うわぁ!これは派手ね。これは戻してもらわんと、と笑われました)
なのであまりいじれず、また低予算で出来る事を考えました。

といっても めちゃめちゃ話し合いを重ねた訳でも
根つめて考えた訳でもなく、
「堂園さんいいですか?」と電話して
「いよいよ決めたんですね!ご主人はいいって言われてるんですか?」
「はい。」

という事で 一緒に中を見て こんな風にしたい、
こんな色を使いたい、こんなイメージなんです とイメージブックを見てもらい、
色の見本や板のサンプルを見ながら
例えばたくさんある青からどの青か
どの質感か、本物の木でいくか そうじゃない安いやつにするのか。
台の高さはどれ位にするか。などなど。

笑いながら。
う〜ん こんな感じ・・・
あ〜 こんな感じですね〜
じゃあ そんな感じで

なんか そんなゆるい感じで決めていきました。

しかし、仕上がりは想像以上!

現場では色にしても、ここを何センチにするか、どのパーツを選ぶかとか即決を求められます。
じゃあ 明日まで考えときます、とかじゃなく 今。
他のものを見てから、とかではなく 今あるこの選択肢の中から 一つ。
そして それは簡単に変更出来るものではなく。
どうするか。

誰かがよりよいものを決めてくれるのではなく
決断するのは私。

こうして 緊張しながらも決断をし続け たくましくなっていくんだろうな。

明日は 私が考えてる試みを書きたいと思います。
| 2008.10.1 お店オープンにむけて物語 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
めっちゃ ええやん!!
画像0281.jpg
はいで

画像0332.jpg
はいで



画像0333.jpg
いよいよ クロス張り!

ここら辺から 一気にドキドキ

今日はクロス職人のおじいちゃん。
シュッシュッと キレイな音で仕事をされます。
黙々と 淡々と。

私は今日はキャラメランジュがお休みなので 朝から掃除!掃除!
堂園さんとグッデイに行き 掃除道具を買いに。
たまった汚れはヒドイけど どんどん来い!ってな調子で
私も 淡々とやってきます。

この汚れはこの洗剤。あ〜 この汚れはアレやね とか(笑)


画像0271.jpg
どうです!?

いいかんじでしょ!

明日は最終日。
塗装屋さんが さらに 磨きをかけてくれます!


| 2008.10.1 お店オープンにむけて物語 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
レジ台と作業台
画像0013.jpg

だんだん お店らしくなってきてます!



こちらはレジ台。
画像0173.jpg



そして 飾り棚なんてのも!
画像0215.jpg



あまった材木に色を塗って 看板にする予定。
一発入魂!



明日はクロス張り。
一気に変わります!
| 2008.10.1 お店オープンにむけて物語 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大工さん
昨日
画像0236.jpg



そして 今日キャラメランジュが終わってお昼に行ってみると
画像0240.jpg


ワオ!床が 貼られている!


こちらは隣の和室の様子。
画像0251.jpg



一旦家に帰り お昼ごはんにチャーハンを作ってお兄ちゃんと食べ、
私はお風呂場とトイレをひたすら掃除する事2時間。
(そりゃ かなりの 埃まみれ 汗まみれ!)


その間も大工さんは着々と仕事をされ
画像0328.jpg


床が本日完成しました!養生シートが貼られています。


今回の内装も 我が家をリフォームした時にお世話になった
デザインMの堂園さんにお願いしました。
そして 大工さんも堂園さんが信頼を寄せていて 我が家をリフォームしてくれた大工さん。


キレイに丁寧に良い仕事をされるなぁ〜とホレボレ。


明日は作業台やレジ台などの収納スペースを現場でこれ位?
とか言いながら 作る予定です。
| 2008.10.1 お店オープンにむけて物語 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
しかし、
一年もたたないうちにオランダから中古品のロースターを購入し、
魚市場の近くにある老朽化したビルの中で
ドイツ語のマニュアルだけを頼りに機械を組み立てた。   

のは スターバックス。

大学で文学を専攻し英語の教師をしていた ジェリー・ボールドウィン
作家の ゴードン・バウカー
歴史を教えていた ゼブ・シーゲル

この3人がスターバックスの創立者。
1971年4月シアトルにスターバックスはオープンしました。
私が生まれる少し前。

コーヒーを愛し コーヒーに魅せられ コーヒーに夢中だった。

今でも私の愛読書。
画像0240.jpg




いよいよ明日から 内装工事が入ります!
ただのアパートの一室がどうなるのでしょ。
そして どんな物語が 始まるのでしょうか。


画像0234.jpg

お兄ちゃん 今日帰ってきました。
二皮位 剥けてました。
| 2008.10.1 お店オープンにむけて物語 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 3/4PAGES | >>