CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
CHALLENGE,CHANGE, go to MILAN
10月23日(日)15時からイタリアのミラノで 
World Aeropress Championship 2011
(ワールドエアロプレスチャンピオンシップ)が
開催される事になり、参加することにしました。

本当だったら6月のボゴタで大会があるはずで
チケットも取り、大会に向けて日々を過ごしていました。
しかし日にちが近づいて来てるけど詳細が発表されないので
もしや・・・という感じはしてたら
今回は開催されないという事になりました。
聞いた時はエッ!?って思いましたが
何故か納得出来て ちょっとホッとしました。

本業以外の事を何かをやるという事は 
多くのエネルギーと時間、お金が必要です。
World Aeropress Championshipは1軒のオスロのコーヒー屋さんが
オーガナイズしています。しかもエントリーは無料です。
そこには営利ではない、コーヒーのムーブメントを感じます。
そして大変な事もあるだろうと想像がつきます。


去年ロンドンのWBCを観にいき、WBCのボランティアをしました。
何故かというと、なぜかずっと開業前から世界に出たいと思っていたからで
それにはまず今のタイミングで世界を見ないといけないと思ったからです。
その頃個人で世界は無理よ、チームじゃないとと言われて
そんな事はない!何か道はあるはず!と意気込んでいました。
(今はそれが分かります。丸山さんもF1のチームに例えられていましたが
マシンや豆、トレーニングや準備などWBCは確かに個人では難しいですね。
でも不可能でもないかも!?)


話は戻りましてエアロプレスのファイナルが始まるよ、
って事で見に行きました。面白いなと思いました。
この大会なら、まだ今ならいけるかも!と思い 
帰国してティム ウェンデルボーさんにエントリーしたいとメールしました。
そしたら とても早いエントリーですね。
まだどこでやるか決まってないですよ。ブログをチェックしていてね。
とすぐに返事が来ました。

それから正式にボゴタに決まってから再びエントリーしたら
バーニーさんから Fantastic!

今回のミラノへのエントリーはウェンデルボーさんから Great. 

そんなこんなで日付が変わりまして9月になりました。
大会まであと53日。
競技者はすごい人達ばかりです。
(4番のmegumiさんは今アイルランドのカフェで働かれていて
なんと今年のIrish Barista Championship 2011 FINALIST !
さらにIrish Brewer's Cupにも出場)

The 2011 competitor list

  1. Robert Benge, Cafe Cesura - Seattle, USA
  2. Alexander Paull, White Horse Coffee – Sydney, Australia
  3. Colin Harmon, 3FE – Dublin, Ireland
  4. Megumi Ueno, Brew Bar Cafe – Belfast, Ireland
  5. John Stubberud, Kaffee-Alchemie – Salzburg, Austria
  6. Steve Souphanthong, Social Coffee Company – Ontario, Canada
  7. Ben Toovey, Genovese Coffee – Melbourne, Australia
  8. James Hoffmann, Square Mile Coffee Roasters – London, England
  9. Matthew Davis, AIR Coffee Roasters – Sydney, Australia
  10. Tim Wendelboe, Tim Wendelboe – Oslo, Norway
  11. Noriko Sunaga, Manly Coffee – Fukuoka, Japan
  12. John Gordon, Square Mile Coffee Roasters – London, England
  13. Pavol Csiba, Green Plantation Coffee – Komarno, Slovakia
  14. Joshua Wismans, Alterra Coffee Roasters – Milwaukee, USA
  15. Brian W. Jones, Dear Coffee, I Love You – Göteborg, Sweden
  16. Jeff Verellen, Caffenation – Antwerp, Belgium
  17. Paweł Trzciński, Java Coffee Company - Warsaw, Poland
  18. Gwilym Davies, Prufrock – London, England
どうにもこうにも 集中状態に入ることにしました。
去年の年末に断筆宣言をしてからというもの、そんなに更新してませんが
また大会が終わるまでブログをお休みいたします。
不器用なもので すみません。
自分の中でしっかりコーヒーの対話をしていきたいと思います。

Tim Wendelboeのお店から2008年2月10日に
それは始まりました。
| AeroPress® | 02:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
DISK coffee filter (for AeroPress®)再入荷しました
 110203_17292111.jpg

只今人気急上昇のエアロプレス専用のステンレスフィルター。
1枚3150円。

110203_17402411.jpg

左:付属のマイクロフィルター
右:ステンレスフィルター

このステンレスフィルターを作ったのは
ポートランドのcoava coffeeCoava Roastery and Coffee Bar)。

このコーヒー屋さん、かっこいいし すごいです。
それは また次回!




| AeroPress® | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
エアロプレス完売しました
次の入荷は年明けですね。

エアロプレスはおいしくて、楽しいです。
そして 不思議な魅力があります。

それはエアロプレスを作った会社がユニークだからかもしれません。
Aerobie

私が初めてエアロプレスのコーヒーを飲んだのは
6月に行ったコペンハーゲンにある
コーヒーコレクティブ。
ホットとアイスと飲みました。
「Wow!」と言ったか 言わなかったか 覚えてませんが
(多分言った)
目 まん丸くして おいしかったのは覚えてます。
クリアですっきりしていて、フレーバーがぱーんと出て
甘さが続いて・・・






1家に1台 エアロプレス!

| AeroPress® | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
AeroPress エアロプレス入荷しました! 
 アメリカAerobie®社の AeroPress®本日届きました。

101210_1647071.jpg 

1つ 4200円(税込)です。


101210_16495811.jpg

箱に一式入っていますので、
すぐにお使いいただけます。

え!? 
ク クロ!!

そう 私が使っているのは クリアな透明ですが
入荷したエアロプレスはクロ。

101210_1650431.jpg

魅力たっぷりのエアロプレスの詳細は
追って書いていきたいと思います!
(また 寝れない日が・・・)
| AeroPress® | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
エアロプレスが!

 101123_2029571.jpg

AD  「か、監督!マンリーコーヒーがエアロプレスを販売するって
     本当ですか!?」
監督 「ああ、本当だ。予約も受け付けているらしいぞ。」

AD  「そして来年コロンビアで開催される
     ワールドエアロプレスチャンピオンシップに
     出場するって本当ですか?」
監督 「それも本当だ。」
AD  「子ども達はどうするんですか!?」
監督 「またおばあちゃん達に来てもらうそうだ。」
AD  「旦那さん、今回もよく許してくれましたね。」
監督 「渋々だが許してくれたみたいだな。」

AD  「マンリーさんは今何をしているのですか?」
監督 「彼女は今コロンビアに向けて、体力づくりと
     エアロプレスと仲良くなっている最中らしい。」
AD  「僕 応援します!」
監督 「よろしくたのむ。」

| AeroPress® | 22:00 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
Super Local Aeropress Championship in Tokyo!
先日東京阿佐ヶ谷、カフェフレスコさんで行われた
スーパーローカルエアロプレスチャンピオンシップの
ハッピーな模様から。


これを作ったのは主催の大西君。
大西君はBLENZラテアート選手権2009で優勝。
Coffee Fest Latte Art Competitionで2位(世界2位ってことですね!)
の実力の持ち主。
来月からオーストラリアへ行ってコーヒーまみれになるそうです。

見事1位に輝いたのはinoさん。
inoさんとはツイッター上でお話ししただけで
実際にお会いした事はないのですが、
心やさしいコーヒーラバー。
どうして1位になったのか秘密はこちら

そして上位4名のレシピを英語と日本語で書いてくれたのが
もう1人の主催者で初代チャンピオンの三村くん。
がんばりましたね〜

この大会の事を書いた大西君のブログJust for fun!!!
三村君のブログSTRANGE BREW
オスロのTim Wendelboeのティムさんにメールしました。
そしたらもう1人のティムさんから
「I have stolen your the blog post from Strange Brew and
 I have added it to the WAC blog.Hope this is OK!」と!

公式のWorld Aeropress Championship にどどーんと。
さらにNew York Times にもこの大会の事が!
(これもツイッターにて兄さん!?より情報いただきました)

なぜか心惹かれたエアロプレス。
福岡を飛び越え「エア エアロプレス」で参加し
その大会が東京を飛び越え世界へ。
とっても心と目頭が熱くなりました。
(最近よう泣けます。何にというとコーヒーに。)
ちなみに「エア エアロプレス」とは
あらかじめレシピとメソッド(手順、方法)を伝えておいて
それを代わりにやってもらうこと。笑

最後に最初のティムさんが冒頭のビデオを見ての感想で、
締めくくりたいと思います。

「Looked like you had a great time.
Wish I could have been there to taste the coffees!」



| AeroPress® | 02:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
World Aeropress Championships London 2010
今日はエアロプレスづいていますので、
ロンドンで行われたワールドエアロプレスチャンピオンシップ「以下WAC's」
(始まりは2008年)
の模様を書きたいと思います。

WBC入り口前の日替わりでいろいろなコーヒーが楽しめる
Brew Bar(ブリュー バー)にて 
WAC'sの決勝が行われました。

決勝が始まるにつれ 人が集まってきました。
選手のみなさんは、緊張された面持ち。。



かなり緊張されていて、手がふるえていました。
機材のトラブル(お湯が出てこなかった?)で急遽代用のポットが。


審査です。
抽出が終わり、どれが誰のかは分からない状態で
審査員一同で味をみます。
カッピングスプーンでズズッ。
純粋にどれが美味しいか、が決めてです。
(ちらっと後方 井ノ上さん発見)


どれがいいと思う?
私これ。
僕もこれ。
みたいな感じで和やかに審査中。
ボブのきれいな方はスクエアマイルで焙煎をされていて
2007年のカップテイスターズのチャンピオンでもあります
アネッタさん。
向って右の斜めがけをされてる方は
ノルウェーのTim Wendelboeティムさん。
ティムさんはすごいです。
2004年のWBCチャンピオンで
2005年のカップテイスターズチャンピオンで
2008,2009,2010 Nordic Roaster 1位。


結果発表!
ドキドキ


面白かったです。

よし!と思い立ち
2011年のWAC'sにエントリーしたいです、と
ティムさんにメールをしたら
その時は・・・
「とても早いエントリーですね。まだどこでやるのか決まってないです。
ブログをチェックして下さいね」という事でした。

今は決定しています。
2011年の WAC's はWBCと同じコロンビアで6月に開催されます!

| AeroPress® | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |